スタッドレスタイヤ 選び方

スタッドレスタイヤの選び方 こんな選び方もありだよね!!

スタッドレスタイヤを選ぶ場合の選び方は、極端にいえば、あなたがどこにお住まいか?で、だいたい決まってくると言っても過言ではありません。

 

大げさな言い方かもしれませんが、たとえば北海道や青森や秋田といったような寒冷地に住んでる方と、たまにしか雪の降らないような首都圏にお住まいの方では、スタッドレスタイヤの選び方は全然違うということです。

 

では具体的にチェックしてみましょう。


ブリヂストン、ヨコハマのスタッドレスは極寒の寒冷地向き

ブリヂストン BLIZZAKは、
北海道などの寒冷地では圧倒的なシェアを誇る信頼のブランドです。

 

それはなぜかと言えば、アイスバーンで強力なグリップ力を発揮するからなのです。
その理由はブリヂストンが特許を持つ「発泡系のゴム」

 

アイスバーンの滑る原因は、氷面の水膜。
発泡系ゴムには、その氷面の水膜を除去してくれる作用があるのです。
そのためアイスバーンでは発泡系のゴムが威力を発揮します。

 


★ブリヂストン BLIZZAK、楽天検索★

 

同じく発泡系のゴムを使用するヨコハマも同様に、
北海道などの寒冷地では、高い支持を得ています。

★ヨコハマ アイスガード、楽天検索★

 

 

ではダンロップやトーヨーはどうなの?
となると、特許の関係で発泡系のゴムは使われていません。

 

もちろんダンロップやトーヨーも、オリジナルの方法で、
氷に強い!!スタッドレスタイヤを制作販売してます
しかし氷上性能ではまだ、BSやヨコハマに比べると、多少見劣りするかもしれません。

 

ミシュラン、ピレリのスタッドレスは首都圏向き

ミシュランやピレリの場合は、どうしても北米市場向けに、
乾燥路性能や耐磨耗性能を重視した作りになってますので、
どちらかというと日本の豪雪地帯の雪道やアイスバーンでの走行には適しません。

 

しかし言い換えれば、
たまにしか雪の降らない首都圏の高速道路などでは、
その安定性、静粛性、走行性などは、
ブリヂストンやヨコハマよりも優れている
といえるのです。

 

ちなみにミシュランスタッドレスタイヤは、
冬用タイヤ顧客満足度8年連続NO.1という称号
を持つそうですが、
確かに普段あまり雪の降らない首都圏の方々にとっては、
そう感じるのもわからないでもありませんが・・・。

 


★ミシュランスタッドレスタイヤ、楽天検索★

ダンロップ、トーヨーのスタッドレスは経済面重視の方向き

ダンロップやトーヨーのスタッドレスタイヤが、
ブリヂストンやヨコハマよりも優れている点を上げるとすれば、
それはコストパフォーマンスということになるでしょう。

 

つまりそこそこの氷上ブレーキ性能もあって、価格がお手頃・・
そんなスタッドレスタイヤを探してる方にピッタリなのが、
ダンロップやトーヨーのスタッドレスタイヤ
と言うわけです。

 

ブリヂストンやヨコハマが採用してる、
「発泡系のゴム」ではないので、アイスバーンでのグリップ力は、
多少劣ることはあっても、氷上で確実に「止まる」こと!!
にこだわったスタッドレスタイヤですので、
経済面を重視したい方にはオススメ
ですね。

 


★ダンロップ、ウィンターマックス、お買い得★

アジアンスタッドレスは、めったに雪が降らない地方向き

アジアンタイヤとは、韓国、台湾、中国、インドネシアなどの
タイヤメーカーが製造するタイヤのことで、
最近は日本のタイヤ市場でも、ジワジワとシェア伸ばしつつある、
新しい勢力です。

 

特徴はその激安な価格の安さにあります。

 

しかしまだまだ国産のBSやヨコハマ、あるいはミシュラン
などと比べても、技術面では劣りますので、どうしても劣化も早く、
乾燥路性能もイマイチ、さらにアイスバーン性能もチョット恐い・・
ってところが、正直なところだと思います。

 

しかし台湾の世界的大手タイヤメーカーである、
NANKANG(ナンカン)のスタッドレスタイヤSN-1などは、
なんと北海道のアイスバーン路面を想定して開発されたということで、
低温時でも硬化しにくい特殊コンパウンドの採用により、
アイスバーンでも高い制動力を発揮するというタイヤ
ということです。

 

めったに雪が降らない温暖な地域の方などには、
価格もかなり激安ですし、試してみる価値は、
ありそうですね。

スタッドレスタイヤのおすすめ記事情報