事故車 査定

事故車の査定をしてもらうには

事故等で廃車寸前になってしまった愛車を査定してもらうのは無理だと諦めてしまってはいませんか?

 

事故車とは正確には修復歴車とされ、
中古自動車査定基準ではフレームや骨格などを事故や天災などにより破損し、
修理されたものの事です。

 

自走可能な修復歴車なら、中古車販売店で査定してもらうこともできるでしょうが、
あまりにもボロボロの状態ではなかなか査定してもらうこともできないでしょう。

 

査定額0円と言われてしまえば、多くの方が費用を支払って廃車にしてもらう事を選ぶのですが、
しかし、廃車寸前の車でもまだまだ価値がある場合があるのです。

 

事故車や故障車専門の買い取り業者も数多く存在し、廃車になった中古車の部品を海外へ輸出しているため、
大切な愛車をまだまだ買いとってもらえる可能性があります。

 

さらに、自動車保険や自賠責保険、重量税などの残っている期間を精算してもらえば
0円だった査定額が数万円になる事もあります。

 

事故車でも諦めず、まずは査定に出してみましょう。