自動車 買取後 故障

買取をしてもらった後の故障について

自動車買取りには稀に瑕疵担保責任というトラブルが発生します。
瑕疵担保責任とは、査定時には確認できなかった重大な欠損が買取後に見つかった場合、
その損害を売主に請求できるとした制度です。

 

例えば、買取後に故障が見つかったため修理が必要になったというケースですね。
このトラブルが発生すると、支払われた買取金額の返金を求められたり、
買取金額が支払が行われる前なら損害分を引かれた金額しか振り込まれない等の問題が起きます。

 

素人であると対処しきれずに業者の言うことをそのまま受けてしまう方もいますが、
瑕疵担保責任が適用されるには厳しい縛りがあります。

 

例えば売主が修復歴を申告していた、業者が損害を軽く見積もったなどというケースでは認められないとしています。

 

つまり瑕疵担保責任を回避するためには、査定時に修復歴を申告しておくこと、
そして業者に瑕疵が発見された場合の対処などを聞いておくことです。

 

こういった点も業者選びの重要なポイントになりますので、頭に入れておくだけでも違います。

 

中には悪質な業者が存在する点も否定できません。
言いがかりをつけられて責任を負わせられないように、
自動車の売却を考える際には充分に注意をすることが大切です。

関連ページ

マニュアル車の査定
マニュアル車にこだわって乗っているという人もまだまだ沢山いますが、しかし販売されている車のほとんどはオートマティック車であり、中古車市場でもほとんどがオートマティック車が主流となっています。
車検について
自動車買取を利用する時、ポイントの一つとして車検の有効期限が自動車買取を利用する際に、どの程度影響を与えるのかということです。
マニアック車とファミリーカー、売り方は全く違う!!
マニアック車とファミリーカー、売り方を間違えると失敗します。まず販売台数の少ないマニアック車と販売台数の多いファミリーカーは、同じ土俵で売却してはいけません。
マイカー買い取りの際に必要な書類
マイカーを買い取ってもらう際に必要となる書類について書いておきます。