ディーラー下取り 安い理由

ディーラーの下取り価格が車買取店より安い理由はこうだ!!

ここ数年、車買取り店という名前をよく聞くようになってきましたが、一般的に車買取り店の提示する査定価格は、ディーラーの下取り価格より高いと言われてます。

 

ではなぜ買取店の方が高いのか?まずその訳を説明するに当たっては、じつは中古車販売店は日常的に仕入れに苦労しているという背景を考慮する必要があるのです。
この仕入れに苦労するという背景は、どうしても中古車市場における構造的な問題であるため、致し方ない面があるのです。

 

そこで生まれたのが業者間市場におけるオークションです。このオークションが発達したことで、車買取専門店が次々と出てきたわけです。

 

しかし車買取店側の立場からすれば、当然ディーラーの下取り価格よりも高い価格を提示しなければ、商売は成り立たないわけで、とにかく人気のある車種に至っては、驚くような高値で買い取る業者も出てきたのです。

 

しかし本当の理由は別のところにあるのです。

 

というのは、たとえばディーラーが下取りするケースというのは、新車の納車があるからで、通常は新車納期を考えた場合、最低でも1カ月かそれ以上掛かるわけです。
さらに人気車種であれば、3カ月待ちとか半年待ちという場合もよくあります。

 

一般的に車の査定相場は、今現時点での価格がその車の評価価格になるので、当然ですが時間が経過すればするほど下がるわけです。
そう考えると、つまりそれだけ先の、つまり半年先の下取り車の相場を考えて出されるのが、ディーラーによる下取り価格になるので、

 

安いのは当たり前ってわけです。

 


関連ページ

査定に影響すること
車買取の際の査定ではそれこそ素人では到底判断できないような様々なものが査定額に影響します。
オンライン査定とは
昨今、車買取の際には、オンライン査定を利用する人がとても増えて来てると言われてます。
査定額と走行距離について
車買取の査定額を左右するものは沢山ありますが、中でも走行距離に関しては、査定の作業中に厳しめに確認が行われます。
ムーブ買い取り、交渉成功テクニックとは
ムーブを売りたいあなたに、どうすれば少しでも高く売却できるかの、ちょっとしたテクニックを伝授します。
中古車買取の実施検証の順番
中古車買取では、査定士が全体のチェックをしていきますが、それにもやり方があり順番があります。