セダン 最近の傾向

最近のセダンの傾向

セダンはドアが4枚あり、後ろにトランクのある、車のタイプで言えば最もオーソドックスな部類になります。
ちなみにセダンの名称はラテン語で「腰掛ける」という意味だそうです。確かに後部座席が広いので乗り心地が良いですね。

 

セダンの名称は、各国で呼び名が異なります。イギリスではサルーン 、ドイツではリムジーネ、フランスではベルリーヌ、イタリアではベルリーナもしくはクワトロポルテと呼ばれてますが、日本でも「サルーン」という呼び名はよく聞きますね。
と言いますのも、日本のJISや自動車技術会は、基本は「サルーン」という呼び名で規定してるからです。

 

代表的な車種と言えば、トヨタのクラウンセダンや日産のシーマなどがありますが、
日本の車の歴史を見ていくと、セダン抜きには語れませんね。

 

セダンの種類も過去を遡ると色々ありました。
1980年代は日本国内ではほとんどが4ドアセダンが主流となっていたころで、
ドアに窓枠を持たない「4ドアハードトップ」と呼ばれるものが人気だった時期もあります。
その後、独立したトランクリッドを持つ代わりにリアハッチを設けたハッチバックセダンなども出てきました。

 

しかし最近のセダンの傾向としては、海外市場への対応、ボディの大型化など、
3ナンバーセダンが増加し、5ナンバーセダンのラインナップは減少しています。

 


関連ページ

ハイブリット車とプラグインハイブリット車
ハイブリット車とプラグインハイブリット車の違いとは